スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカで大ヒット王様ヒーロー ブラックパンサーを見てきた

どうもブルーム満開の漆原です。


今回はブラックパンサーの感想なんか書いて行きやす。

映画の評価は高く

マーベル映画のアベンジャーズを含まないアイアンマンやキャプテンアメリカの様な単独作品では

No. 1の興行収入だった様です。

ストーリーはワカンダという国の若き王様ティチャラことブラックパンサーのお話になります。


印象としては
ヒーローというよりはすごい強い王様の王位継承争いで終わった感じでした。
他のマーベル映画と比べると、ヒーロー感はなかったと思います。


そしてストーリーはわかりやすいものの
基本的にはワカンダ内で話が進むので
話のスケールも少しこじんまりとしている感じで、基本的に終始身内争いで終わるので物足りなく感じてしまいました。


またアクションシーンは迫力がある場面もありますが
基本的には印象に残らない感じで
少しばかりグダグダな所も多々ありテンポが悪かったので
もう少しなんとかして欲しかった所ですね。


しかし主人公ティチャラが王様として成長していく過程の描き方や
彼の周りにいるキャラの個性が
一人一人個性的で魅力的なのでよかったと思います。


まだまだ先になると思いますが
ブラックパンサーの続編も今後公開されると思われるので、次に期待したいです。

個人的な総評にはなりますが
色々と物足りない部分はあり
あっさりしすぎな作品ではあるものの
内容自体は他のマーベル映画を観ていなくても、観れる作品だと思うので
マーベル映画を観たことのない方でも楽しめる映画だと思います。

ではまた




[ 2018/05/02 21:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。