スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりに心から面白いと思った映画「ワンダーウーマン」

どうも隼人です。

今回は8月25日公開、DCコミックス原作のワンダーウーマンを見てきたので、感想などをなるべくネタバレ少なめで、書いてこうと思います。


出演、役名


ガル・ガドット 「ダイアナ、ワンダーウーマン」

クリス・パイン 「スティーブ・トレバー」

他随時更新します。


まず初めに、久しぶりにとてもいい映画だと言える映画です。

理由は後で書きますが、今年に入ってから心から面白いと思った映画はガーディアンズオブギャラクシーリミックス以来です。


大まかな内容及び感想


時間軸的にはまだ現代より昔の話で、ダイアナの幼き頃から始まり、そのダイアナが戦士として旅立ち、戦争真っ只中の中、自分の信念に気付き、ヒーローとしてワンダーウーマンに至る話になります。

そもそも今作の主人公どの様な人物なのかと言うと、地球上で女性しか住んでいない島の住人であり、この島は特殊で結界の様なもので、結界外からは島は目視出来ない。

しかし何かの偶然で容易に入る事は可能。

そしてこの島に住んでる女性戦士はアマゾネスであり、ダイアナは幼き頃から、戦士として訓練を受けており、彼女はその島のプリンセスであり戦士でもあります。

そして、島に偶然入り込み、墜落して助けられたのが、今作のキーパーソンであり、ダイアナを外の世界に連れ出した、ダイアナにとって初めて遭遇する男性スティーブ・トレバーです。

そこから話はどんどん展開していく訳です。

島からでた外の世界では、戦争真っ只中であり、その中でダイアナが戦争の生み出す悲劇に遭遇し、それを止める為に戦っていくというのが大まかな流れになります。

さて今作の感想ですが、ダイアナの心情の描き方が良かったのと、くどい恋愛要素ではないないのに、心に残るしかしダイアナにとって重要な、個人的に今作で思った事ですが「愛」と言う、テーマともとれる描写が非常に良かったです。

ダイアナの脇に控えるスティーブの存在も大きく、非常にシナリオもテンポが良く、盛り上がり所もしっかりあり、目頭が少し熱くなる部分もあり、しっかりまとめられている映画でした。

今までのバットマンVSスーパーマンやスーサイド・スクワッドはいい意味でも悪い意味でも話題性だけの映画でしたが、DCコミックス映画のこれからに今作のワンダーウーマンは大いに期待できる作品だと思いました。

以上が簡単にはなりますが、今作の感想になります。

それではまた






スポンサーサイト
[ 2017/08/26 00:50 ] DCコミックス | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。