スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカで大ヒット王様ヒーロー ブラックパンサーを見てきた

どうもブルーム満開の漆原です。


今回はブラックパンサーの感想なんか書いて行きやす。

映画の評価は高く

マーベル映画のアベンジャーズを含まないアイアンマンやキャプテンアメリカの様な単独作品では

No. 1の興行収入だった様です。

ストーリーはワカンダという国の若き王様ティチャラことブラックパンサーのお話になります。


印象としては
ヒーローというよりはすごい強い王様の王位継承争いで終わった感じでした。
他のマーベル映画と比べると、ヒーロー感はなかったと思います。


そしてストーリーはわかりやすいものの
基本的にはワカンダ内で話が進むので
話のスケールも少しこじんまりとしている感じで、基本的に終始身内争いで終わるので物足りなく感じてしまいました。


またアクションシーンは迫力がある場面もありますが
基本的には印象に残らない感じで
少しばかりグダグダな所も多々ありテンポが悪かったので
もう少しなんとかして欲しかった所ですね。


しかし主人公ティチャラが王様として成長していく過程の描き方や
彼の周りにいるキャラの個性が
一人一人個性的で魅力的なのでよかったと思います。


まだまだ先になると思いますが
ブラックパンサーの続編も今後公開されると思われるので、次に期待したいです。

個人的な総評にはなりますが
色々と物足りない部分はあり
あっさりしすぎな作品ではあるものの
内容自体は他のマーベル映画を観ていなくても、観れる作品だと思うので
マーベル映画を観たことのない方でも楽しめる映画だと思います。

ではまた




スポンサーサイト
[ 2018/05/02 21:17 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

鳥肌総立ち「グレイテスト・ショーマン」

今回は今話題作品のグレイテスト・ショーマンを見たので、感想を書いていきます。



今回の作品はミュージカル映画になりま
す。



僕自身は普段からミュージカル映画を好んで見ないのですが

今作品に関しては、予告動画を見た時から、何かと気になっていたので観てきました。


さてさて

今作はX-MENシリーズのウルヴァリンでお馴染みのヒュー・ジャックマンさん主演の映画になります。


何かとウルヴァリン役でのヒュー・ジャックマンさんの印象が強いですが

レミゼラブルを観た事のある方は知っていると思いますが


元々ミュージカル俳優出身とゆう事もあり
抜群の歌唱力の持ち主です。


それでは今作の感想なのですが


まず一言

めっちゃおもしろい!!


映画開始から一気に引き込まれました。
ここまで魅入ってしまうとは、自分でも思ってもいない作品でした。



今迄、僕自身の考え方ではあるのですが
映画の中で歌って踊るのなんて

邪魔でしかないと思っていましたが
その考え方は消し飛ばされました。


ストーリーは全体的に王道で単純ではあるものの

分かりやすく、テンポ良く進み

何より

作中全ての歌のシーンの破壊力が凄いの一言

物足りなさを補っていて
問題にはなりませんでした。


キャスト陣の圧倒的な歌唱力とパワフルでコミカルなダンスは


一つ一つの歌が始まる度

鳥肌が立つ程にそのワンシーンワンシーンに釘付けになってしまう

初めての感覚でした。


そして、目の前で歌っていると錯覚してしまうほどの

会場との一体感

本当に素晴らしい作品だと思います。


また通常のシーンから歌のシーンへの切り替えも違和感無く

演出力も素晴らしかったです。


以上が今作グレイテスト・ショーマン
の感想になります。

是非皆さんも観て観てはいかがでしょうか


僕はサントラが欲しくになりました。



それではまた






[ 2018/03/30 15:51 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

今後観る予定の映画

グレイテストショーマン

ブラックパンサー

アベンジャーズ

Fate/stay night[Heaven's Feel]

いぬやしき

デッドプール2

メイズ・ランナー

言い出したらきりが無いけど、取り敢えず早くグレイテストショーマン見なきゃ

そしてブラックパンサーに備える


[ 2018/02/23 02:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

名前のない女たち うそつき女

どうもブルーム満開の隼人です


今回は滅多に見ないジャンルの映画を観たのでレビューしていこうと思います。


今作は主に3人の人物に焦点を当てた物語になります。

主にAV女優の記事を書くライター
志村篤(吹越満)

AV女優
前田葉菜子(城アンティア)

葉菜子の妹
前田明日香(円田はるか)


話の筋としては内心AV女優を見下している志村が

今まで取材してきたAV女優と何処か違う、
葉菜子に出会い変わって行く物語であり


葉菜子は妹の明日香と数年ぶりに再会し

AV女優として自分を拒絶し絶縁された家族との時が動き出す物語になります。


まず今作は主要人物の内心であったり、3人を取り巻く人々の描き方が雑でした。



まず志村についてなんですが、志村にとって大事な

葉菜子との出会いで変わって行く様が、描ききれてない為

志村の内心の移り変わりが分かりづらかったり、機転となる部分が弱すぎるので

話をしっかり掘り下げて欲しかったです。

また離婚した奥さんや子供を触れておいて

おまけ程度の扱いすぎて
雑に描いてる為
非常に気持ち悪い感じでした。

特に志村のAV女優の記事にしか興味を示さない嫌味な編集者がいるのですが

後半では急に良い人キャラっぽくなっていたのが違和感ありまくりでした。



一方、葉菜子は自分に自信を持てない女なんですが

妹や彼氏が葉菜子にとってのキーパーソンになっている筈なんですけど

目立った事もなく

葉菜子は葉菜子で、終始流し流され、為すがまま状態なので

特に何もせず終わった感じでした。

唯一、葉菜子にとって機転となる部分が後半にあるのですが

そこも雑に扱われてた為

結果的に伝えたかったであろう
葉菜子にとっての、仕事や家族に対しての葛藤や苦悩が伝えきれてない印象でした。



葉菜子の妹の明日香についても今作では描かれている主要人物の一人なのですが

何事にも関心がなく、無気力に生きてる田舎の女性なんですけど

何かにもがく様を描く訳でもなく
ただただダラダラして姉に迷惑をかけた末

唐突に退場して、以降全く触れられない為

もはや何を伝えたかったのかすら
わからないキャラに仕上がってました。

これに関しては一番スッキリしませんでしたね。


総評

一時間半の映画だったので
あと30分あれば何か変わったかもしれない映画

またアレもコレもと手を出して

3人の主要人物の話、一つ一つが薄味の深みのない中途半端な物語になってしまった映画だったと思います。

ただ原作は書籍の為
そちらの方を拝見してから観ると
また感想は変わってくるかもしれません。


以上が今作のざっくりとした感想になります。


それではまた

















[ 2018/02/23 01:26 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ライブ告知

どうも隼人です。

松竹芸能タレントスクール10月生、二回目のライブがあります。


日時2月28日(水)

[松竹わかば保育園 〜のれんわけ〜]

場所 : 新宿角座

前売 1.000円


興味ある方は気軽にお声掛け下さい。


それでは失礼致します。





[ 2018/01/31 17:29 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。